相続手続代行・遺言作成支援のことなら、東京・名古屋の優総合事務所にお任せください。

優しさと思いやりで最良サービス
優オフィスグループ

行政書士法人 優総合事務所

東京、名古屋、幅広い対応エリア。土日祝、夜間も対応可能

受付時間:9:30~20:00

初回相談無料

お気軽にお問合せください

 

 

相続手続代行、遺言作成のご相談なら、優総合事務所へどうぞ。東京、名古屋に拠点を有し、関東・東海地区を中心に幅広いエリア対応、夜間や土日にも対応するフットワーク、そして「迅速、丁寧、親切」をモットーに、お客さまの視点を何より大切に、サービス提供を行っている事務所です。相続手続、遺言作成でお困りの方は、どうぞ当事務所にご相談くださいませ。shin_hed11.jpgshin_hed11.jpg

終活サポートパックとは

無用な延命治療を拒否したいけど、一体どうしたらよいのか

    わからない・・

葬儀の事や納骨の事、いざという時に備えて準備したいが一体

   どうしたらよいのかわからない・・・

自分の財産の行先をきちんと決めておくために遺言書を作って

  おきたいのだけれど、どのように書けばよいかわからない・・・

現代に生きる私たちにとって、「終末期医療」「葬儀・納骨」「遺産相続」の3つの
課題に対し、それぞれきちんとした形で自ら準備し対策しておくことは誰しも必要不可欠な
時代です。具体的には、下記のような対策を取っておく必要があります。

 

お客さまの声

品川区 Y様(任意後見、死後事務委任、公正証書作成のお客様)

 この度は、委任契約及び任意後見契約と死後事務委任契約に関する公正証書作成の手続きをお願いし、誠実に且つ円滑にお進めいただき、大変有難く御礼申し上げます。

 体力が衰えて介護施設のお世話になっています。介護に関する意見が家族間で対立すると法定後見に頼ることになり裁判所が決めた後見人が怠慢で満足に介護を受けられないといった気の毒な方が居られるそうです。そのような不幸な事態を避け、自分の事ができなくなったときに備えるためには、東先生の著書に書かれているように、元気なうちに信頼できるキーマンに自分の希望を伝え、任意後見制度を活用する以外にないと思いました。経験豊富な先生に助けていただき、日頃心配していたことが全て解消しました。ありがとうございました。

お客さまの声

名古屋市 Y様(公正証書遺言書作成支援のお客様)

 ここ数年気になっていた遺言書が、意識がしっかりしている内に、自分の責任のもとで作成できて本当に良かったと思います。

 何よりも専門の先生の支援を頂いての遺言書であることに安心感をもつことができています。行政書士の先生の支援がなければ、自分ではとても手に負える業務ではありませんでしたし、何もしなければ遺産が全く面識のない戸籍上の姉妹に渡ってしまうことを知ったときには、本当に専門家にお願いすることの大切さを実感しました。また、時間と費用の節約と、心的負担の軽減ができたことに感謝しています。

 インターネットで幾つものところに先生のご活躍があったこと、また、無料相談が設けられていたので、思い切って電話してみました。ただ初めての事なので、他の2,3の事務所にも無料相談をお願いしていました。その中で一番、丁寧に誠実に親身になって相談に応じてくださったこと、そして専門的な知識を分かりやすく教えて下さったことから、東先生にお願いすることに決めました。

 作成業務を進める中でも一貫して、丁寧で誠実な先生のお姿は変わらず、益々信頼感が高まっていきました。こうして東先生支援のもと、遺言書が完成できたこと本当にありがたく思っています。本当にありがとうございました。

名古屋市 H様(公正証書遺言作成支援のお客様)

私は、「遺言」を我が身とは余り関係のない、無意識に過して参りました。しかし、夫を亡くし子どもたちも各々独立していき、また自身の生活の変化を考えるとき、それなりの知識も必要ではないかと感じたものの、未だ漠然としたところで数年前東先生の講習を受けました。それでも資産は多くないし、家族関係も良好でしたので案ずることありませんでした。

 しかし、自分が患ったり、子どもたちの生活や今日の社会環境が大きく変化し、先の見通しが得難い世情が進行してきたことや、周辺で尊厳死が語られたり、中には長期的な植物状態(この言葉は不適切かもしれません)でいられる方の例をお聞きするなどしていく中で、我が死を現実的にとらえねばならないと考えるようになりました。
 「遺言」というのは単に手続き問題ではなく、自らが何を大切にどう生きてきたかという問いと向かい合わずには進めません。
 その意味で自分の生き方の表現でありいろいろ考え込み問題にぶつかって先生にお尋ねして到達、答に到りました。ほっとしております。本当にありがとうございました。

名古屋市 S様(公正証書遺言作成支援のお客様)

 東様の遺言作成の的確さ、手続きの早さに感謝しております。体調不良の私の為、家まで出張していただいて、本当にありがとうございました。

 色々とありがとうございました。この事務所を知って本当に良かったです。安心して天国に行けます。

 当事務所では、あなたの万一のための準備と対策のために必要な終活の課題に対し、あなたの状況にあった終活の方法論をご提案、必要となる各種書類の作成をはじめ、あなたの終活を全般にサポートいたします。

 ご相談は無料ですので、まずはお気軽に下記までお問合せ下さい。

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

◇終末期医療  ⇒  尊厳死宣言書の作成

「尊厳死宣言書」を作成しておくことで、終末期医療の現場で、あなたの延命治療拒否の意思表示が明確になり、あなたの意向を踏まえた終末期医療が実行され、あなた自身が無用な延命措置をされることがなくなり、さらに、周りの方が大変助かります

◇葬儀・納骨  ⇒  死後事務委任契約を結ぶ

「葬儀・納骨」の場面では、死後事務委任契約という手段をお勧めします。あなたのいざという時に、葬儀はどのような形態を望むのか、納骨についてはどのようにしてほしいのか、あらかじめあなたの最も信頼できる「キーパーソン」を受任者(自分の希望を実現してもらう人)として死後事務委任契約を締結、あなたが万一があったとき、あらかじめ決めておいた葬儀や納骨についてあなたの意思を踏まえた内容の葬儀や納骨を実現してもらう契約をします。

◇遺産相続  ⇒  遺言書を作っておく

「遺産相続」については、そもそもあなたの財産がどこにどれくらいあるのか、きちんと財産目録に記載しておくこと、そして、あなたの医療や、葬儀、納骨に至るあなたの終末の事務を、あなたの信頼できる大切な方に気持ち良く担ってもらうための準備をしておくとよいでしょう。

当事務所では、終活には欠かせないこれらの3つの重要書類、「尊厳死宣言書」「死後事務委任契約書」「遺言書」について、おかれた状況に応じて文案を作成、公正証書にするお手続きまで一括して代行、お得な「終活サポートパック」としてご提供いたしております、。

<こんなにお得!「終活サポートパック」の料金と通常料金の違い>
通常の手続き報酬額(単品)終活サポートパックの報酬(一式)

尊厳死宣言書の

公正証書作成

¥21,600-

尊厳死宣言書の

公正証書作成

3つまとめて

 

 

 

¥189,000ー

死後事務委任契約書の公正証書作成¥64,800-死後事務委任契約書の公正証書作成

遺言書の

公正証書作成

¥140,400-

遺言書の

公正証書作成

合計¥226,800-合計

(公証人手数料等の実費別途)

なんと、37,800円もお得!!

 尊厳死宣言書や遺言のことなど、終活についていろいろと準備をしておこうとお考えの方は、是非こちらのサービスをご利用くださいませ。

 当事務所では、あなたの万一のための準備と対策のために必要な終活の課題に対し、あなたの状況にあった終活の方法論をご提案、必要となる各種書類の作成をはじめ、あなたの終活を全般にサポートいたします。

 ご相談は無料ですので、まずはお気軽に下記までお問合せ下さい。

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

尊厳死宣言書とは
 リビングウィルとも呼ばれ、自らの意思で延命措置を差し控えまたは中止し、「尊厳死を望む」ということを、医療関係者や家族らに磯表示しておく書面ことをいいます。わが国においては、尊厳死について法制化されていないため、法的拘束力まではありませんが、尊厳死宣言の意思表示が適切に医師に伝われば、その意思は医療現場で尊重されるため、作成しておく意義は十分にあります。

死後事務委任契約書とは
 あなたが死を迎えたとき、その後に必要となる葬儀や納骨、各種の事務手続きを誰かにお任せしておきたい場合、責任を持ってそれらを行ってもらうための契約を「死後事務委任契約」と言います。その履行を確かなものにするために、委任内容を文書として「死後事務委任契約書」として作成しておくことが必要不可欠になります。

遺言書とは
 遺言者の亡き後の財産の行き先を決めておくための法律文書が「遺言書」です。上記のようにあなたの尊厳死の意思表示、あるいは死後の事務委任といった重要事項を実際にあなたに代わってお願いする方にかかる心身のご負担を考えれば、やはり「遺言書」でその方に何らかのお礼をしておくことが、その時の履行を確かなものにすることは間違いありません。

 以上のように、あなたが終活を実行するに際し、上記の3つの文書をあなたの信頼できる、方とともに準備し、作成ておくことは、あなたの安心を得るために必要なことなのです。

 当事務所では、終活に欠かせない「尊厳死宣言書」「死後事務委任契約書」「遺言書」の
3点をあなたの状況に応じて文案をご提案、公正証書にするまでの一連の手続きを一括して
代行いたします。ご相談は無料ですので、どうぞお気軽に下記までお問合せくださいませ。

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

ご連絡先はこちら

行政書士法人優総合事務所
スタッフのご紹介

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス・名古屋オフィス
代表行政書士 東 優

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス

行政書士 三雲 琢也

行政書士法人優総合事務所
名古屋オフィス

行政書士 冨川 誠太