相続手続代行・終活支援のことなら、東京・名古屋・横浜・さいたまの優オフィスグループにお任せください。

東京・名古屋・横浜・さいたま、幅広い対応エリア。土日祝、夜間対応可能

受付時間:9:30~20:00

初回相談無料

お気軽にお問合せください

 

 

相続手続代行、遺言作成・終活のご相談なら、優オフィスグループへどうぞ。東京・名古屋・横浜・さいたまに拠点を有し、関東・東海地区を中心に幅広いエリア対応、夜間や土日にも対応するフットワーク、そして「迅速、丁寧、親切」をモットーに、お客さまの視点を何より大切に、サービス提供を行っている事務所です。相続手続、遺言作成でお困りの方は、どうぞ当事務所にご相談くださいませ。

遺言作成支援サービス

財産を巡って無用な争いを起こしたくない

遺言を作成してみたけど、正しい内容になっているか不安

遺言のとおりに実行されるのか不安 

そんなあなたのために当事務所では

遺言支援サービス

を行っています。

遺言が必要なのはこんな方

・こどもがいない方

・再婚している方

・相続人が遠方に住んでいる方

・認知症の方や知的障がい、精神障がいの家族がいる方

・相続人と音信不通の方

・事業や農業を営んでいる方

・相続人同士が不仲の方

・事実上の離婚状態の場方

・内縁の夫(妻)がいる方

サービスの流れ

事前のヒアリング

遺言作成前提となる事前調査

遺言書分案作成・校正

公正証書として完成

 

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺言が必要な理由

大切な人の死によって発生するさまざまな問題。これは、実際に大切な方を見送って、それに伴う膨大な手続きを経験した方であれば、その大変さを身をもって実感されていることと思います。

 私も、大切な方を亡くされたご遺族のご相談に多数対応してきました。亡くなられた方のほとんどは、遺言書を遺さずに亡くなっているのが実情です。遺言書がない場合、故人の財産がどこにどれくらいあるのかわからなかったり、遺産分割協議の場面で相続人同士が連絡を取ることが難しかったり、誰がどの財産を取得するかで相続人同士が揉めてしまったりと、様々な困難な問題に直面します。一方、きちんとした遺言書を準備しておけば、家族が無用な争いをせず、なおかつラクラク手続を完了させることができます。

 特にお子さんのいない方の相続の場合、兄弟姉妹が法定相続人になる可能性が高いうえ、兄弟姉妹が先に亡くなっている場合には、その亡くなった兄弟の子であるおいやめいにまで相続権が及ぶことになり、法定相続人が多数にのぼる可能性が高くなります。このようなケースでまず大変になるのが、戸籍の収集です。遺言がない場合、戸籍収集は、故人の出生から死亡までの連続した戸籍を収集して行う必要があるのですが、この出生から死亡までの連続した戸籍を収集する対象が故人だけでなく、故人の父母、そして先に亡くなった兄弟姉妹の分も取り揃えることが必要となります。これらの作業を通じて、兄弟姉妹とおいやめいの法定相続人全員を特定することになるのですが、取得すべき戸籍の量は膨大な数になり、これを一般の方がもれなく収集することは至難の業といえます。

さらに大変なのが遺産分割協議です。遺産の名義を変更するには、相続人全員による遺産分割協議が必要です。そして、遺産分割協議書に相続人全員の署名と実印による捺印、並びに相続人全員分の印鑑証明書を取り揃えることが必要になります。

子どものいない方の相続の場合、法定相続人が多数にのぼることが多く、私の経験上も法定相続人が10人以上になるケースもざらにあります。そのような多数の相続人間の遺産分割協議調整は非常に大変で、一人一人に手紙を送ったり、電話をしたりして、相続人全員の遺産分割協議の合意を取り付けていくことは、まさに気の遠くなるような苦行です。さらに厄介なのは、故人の配偶者と故人の兄弟姉妹、さらにおいやめいとの交流はあまり深くなく、相続人の一部と連絡が取れないなどの事態に遭遇することもざらです。このような中で、遺産分割協議を無事に成立させることがいかに難しいかということが皆さまにもご理解いただけると思います。

 一方、きちんとした遺言書があれば、このような多数に及ぶ兄弟姉妹、おいめいとの遺産分割協議をすることなく名義変更が完了できるのです。例えば遺言者たる故人の配偶者が、各種財産の名義変更を遺言書一つで完了させることができる、いわば「魔法の杖」になるのです。

 

遺言書が必要な理由(1)

遺言書が必要な理由(2)

遺言書が必要なのはこんな方

遺言書には何を書くのか?

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

お客様の声

練馬区 K様(公正証書遺言作成支援のお客様)

 安心しました。ひとりでどうしたら良いのか長い間悩み続けてやっとたどり着けました。誰れにも迷惑をかけずに逝けるのだと思うと本当に安心です。書類の取り寄せや調査の早さに驚き、私にはできないことだと思いました。自分の思う通りに死ぬことができるのだと思うと悔いはありません。終活は「早いうちに」が大事だと思いました。

 

信頼のおける葬儀屋さんからお手紙を頂き、東先生の終活の講演会でお話を聞いて、話し方や物腰に好感を持ちました。相談して良かったです。とても勇気がいりましたが、話しの下手な私の思志を、ていねいにまとめてくださいましたこと、感謝しております。人生の終わりの準備に東先生にお手伝いいただけましたことはラッキーでした。

ありがとうございます。東先生のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

名古屋市 S様(公正証書遺言作成支援のお客様)

 東様の遺言作成の的確さ、手続きの早さに感謝しております。体調不良の私の為、家まで出張していただいて、本当にありがとうございました。

 色々とありがとうございました。この事務所を知って本当に良かったです。安心して天国に行けます。

名古屋市 Y様

 ここ数年気になっていた遺言書が、意識がしっかりしている内に、自分の責任のもとで作成できて本当に良かったと思っています。
 何より専門の先生の支援を頂いての遺言書であることに安心感を持つことができています。行政書士の先生の支援がなければ、自分ではとても手に負える業務ではありませんでしたし、何もしなければ遺産が全く面識のない戸籍上の姉妹に渡ってしまうことを知ったときには、本当に専門家にお願いすることの大切さを実感しました。
 また、時間と費用の節約と、心的負担の軽減ができたことに感謝しています。

 インターネットで幾つものところに先生のご活躍があったこと、また無料相談が設けられていたので、思い切って電話してみました。ただ初めての事なので、他の2,3の事務所にも無料相談をお願いしていました。
 その中で一番、丁寧に誠実に親身になって相談におうじて下さったこと、そして専門的な知識を分かりやすく教えて下さったことから、東先生にお願いすることに決めました。
 作成業務を進める中でも一貫して、丁寧で誠実な先生のお姿は変わらず、益々信頼感が高まっていきました。こうして東先生支援のもと。遺言書が完成できたこと本当にありがたく思っています。本当にありがとうございました。

名古屋市 H様
私は、「遺言」を我が身とは余り関係のない、無意識に過して参りました。しかし、夫を亡くし子どもたちも各々独立していき、また自身の生活の変化を考えるとき、それなりの知識も必要ではないかと感じたものの、未だ漠然としたところで数年前東先生の講習を受けました。それでも資産は多くないし、家族関係も良好でしたので案ずることありませんでした。
 しかし、自分が患ったり、子どもたちの生活や今日の社会環境が大きく変化し、先の見通しが得難い世情が進行してきたことや、周辺で尊厳死が語られたり、中には長期的な植物状態(この言葉は不適切かもしれません)でいられる方の例をお聞きするなどしていく中で、我が死を現実的にとらえねばならないと考えるようになりました。
 「遺言」というのは単に手続き問題ではなく、自らが何を大切にどう生きてきたかという問いと向かい合わずには進めません。
 その意味で自分の生き方の表現でありいろいろ考え込み問題にぶつかって先生にお尋ねして到達、答に到りました。ほっとしております。本当にありがとうございました。

名古屋市 K様
  過去にも遺言書の作成は必要と思っていましたが、今回先生のセミナー受講して、相談したところ、逆に絶対書いておかなければいけないと思った事と、先生の人柄にお任せしようと思いました。終わってみて自分で出来る事で花大変な事務だという事も分かり、本当に有難かったです。短期間で、その気になり、エンディングノートの記入から始まり、わずか一ヶ月で全て終わり遺言書を書いて良かったと思うのと同時、心の荷が降り、今は晴れやかな気分です。本当にありがとうございました。

当事務所代表のプロフィール

 

東 優 (ひがし まさる)

(ゆう)オフィスグループ代表。

行政書士法人(ゆう)総合事務所 代表行政書士。

名古屋市社会福祉協議会勤務を経て、平成17年事務所開業。平成25年より行政書士法人となり、池袋、品川、名古屋に事務所を開設。遺言、相続、後見等、終活全般を専門分野として、開業から現在までの約15年間の同分野における案件実績は延べ3,000件超。同分野をテーマとした講演会、研修会の講師実績多数。

著書・監修書

 

一番わかりやすい エンディングノート終活のススメいざというとき困らない 遺産相続

親が元気なうちに

知っておきたい50のこと

一番わかりやすい

エンディングノート

  一番わかりやすい

遺言書

エンディングノートで

もしもに備える

終活のススメ

いざというとき困らない

遺産相続

 

マスコミ取材歴

プレジデント

週刊文春

週刊東洋経済

テレビ朝日「ワイド!スクランブル」

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

遺言が必要なのはこんな方

・こどもがいない方

・再婚している方

・相続人が遠方に住んでいる方

・認知症の方や知的障がい、精神障がいの家族がいる方

・相続人と音信不通の方

・事業や農業を営んでいる方

・相続人同士が不仲の方

・事実上の離婚状態の場方

・内縁の夫(妻)がいる方 

サービスの流れ

事前のヒアリング

遺言作成前提となる事前調査

遺言書分案作成・校正

公正証書として完成

 

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

お一人様のための終活サポートパック

終活をどう進めていけばよいのかわからない

いざというときに頼れる身内がいなくて不安

せっかく終活するなら全部まとめて済ませたい。 

そんなあなたのために、当事務所では

遺言作成・死後事務委任契約作成・尊厳死宣言書作成支援を

ワンストップでご相談いただける

終活サポートパックサービスを行っています。

優オフィスグループ主要メンバーのご紹介

東京・池袋オフィス
責任者 行政書士 東 優

名古屋オフィス
責任者 行政書士 冨川誠太

東京・品川オフィス
責任者 行政書士 三雲琢也

横浜オフィス
責任者 行政書士田口英治

さいたまオフィス
責任者 行政書士渡辺典和