相続手続代行・遺言作成支援のことなら、東京・名古屋の優総合事務所にお任せください。

優しさと思いやりで最良サービス
優オフィスグループ

行政書士法人 優総合事務所

東京、名古屋、幅広い対応エリア。土日祝、夜間も対応可能

受付時間:9:30~20:00

初回相談無料

お気軽にお問合せください

 

 

相続手続代行、遺言作成のご相談なら、優総合事務所へどうぞ。東京、名古屋に拠点を有し、関東・東海地区を中心に幅広いエリア対応、夜間や土日にも対応するフットワーク、そして「迅速、丁寧、親切」をモットーに、お客さまの視点を何より大切に、サービス提供を行っている事務所です。相続手続、遺言作成でお困りの方は、どうぞ当事務所にご相談くださいませ。shin_hed11.jpgshin_hed11.jpg

端株(単元未満株)の相続

皆さまこんにちは。東京・名古屋に拠点を構える行政書士法人優総合事務所・代表行政書士の東優です。本稿では、単元未満株式(いわゆる端株)の相続手続きについて解説したいと思います。

●単元未満株は、信託銀行での手続きになります
 株の相続手続で見落としがちなのが、この単元未満株式の相続手続です。というのは、平成21年1月5日
の株券電子化後、上場会社の株式は、基本的に証券会社の口座へ移管されましたが、売買の取引単位で
である単元に満たない株式、いわゆる単元未満株式は、証券会社には移管されず、もともとの株主名簿管理人たる信託銀行に、特別口座というかたちで残ってしまいます。
 そこで、単元未満株式の相続手続には、信託銀行に対して、信託銀行管理の特別
口座を承継人の口座に振り替える手続きを行うか、相続を機に単元未満株式を相続を機に時価で買取ってもらうか、いずれかの手続きを行う必要があります。 

●単元未満株式の相続手続きの流れ
 単元未満株式を管理している信託銀行の証券代行部に、次の書類を揃えて手続きを行います。

<相続手続きに必要な書類>
・被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍、除籍、原戸籍謄本
・相続人全員の現在戸籍謄本
・その他被相続人と相続人との関係を明らかにする戸籍謄本
・遺産分割協議書
・相続人全員の印鑑証明書
・相続依頼書
・口座振替申請書 または 単元未満株式買取請求書

また、口座振替を行う場合には、最終的には承継人の保有する証券会社の口座へこれを機に単元未満株式を移管する手続きを行うことが一般的です。その際には、移管先になる承継人の特定口座の情報が必要となり、信託銀行に書類を持参する前に、その点について、証券会社に事前に確認しておく必要があり
ます。

 単元未満株式の相続は、意外と複雑で、面倒なものです。当事務所では、株式の相続手続に必要な戸籍謄本類の収集、遺産分割協議書の作成、信託銀行での相続手続き代行のサービスを行っております。
ご相談は無料ですので、まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

ご連絡先はこちら

行政書士法人優総合事務所
スタッフのご紹介

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス・名古屋オフィス
代表行政書士 東 優

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス

行政書士 三雲 琢也

行政書士法人優総合事務所
名古屋オフィス

行政書士 冨川 誠太