相続手続代行・遺言作成支援のことなら、東京・名古屋の優総合事務所にお任せください。

優しさと思いやりで最良サービス
優オフィスグループ

行政書士法人 優総合事務所

東京、名古屋、幅広い対応エリア。土日祝、夜間も対応可能

受付時間:9:30~20:00

初回相談無料

お気軽にお問合せください

 

 

相続手続代行、遺言作成のご相談なら、優総合事務所へどうぞ。東京、名古屋に拠点を有し、関東・東海地区を中心に幅広いエリア対応、夜間や土日にも対応するフットワーク、そして「迅速、丁寧、親切」をモットーに、お客さまの視点を何より大切に、サービス提供を行っている事務所です。相続手続、遺言作成でお困りの方は、どうぞ当事務所にご相談くださいませ。shin_hed11.jpgshin_hed11.jpg

遺言書の種類と特徴

遺言書の種類として、大きく分けて、普通方式と特別方式との2種類があります。
特別方式の遺言は、死亡が間近に差し迫った場合や、船に乗って遭難した場合など、極めて、限定的かつ例外的な状況のときにのみ使用されうるものです。
ここでは、通常の場合の遺言の方式である普通方式遺言の中で、実際によく活用されている
「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」についてみてみましょう。

各遺言の特徴

種類自筆証書遺言公正証書遺言
作成方法

遺言者が

①全文

②日付

③氏名

を自筆し押印する

証人2人以上の立会いのもと

①遺言者が遺言内容を公証人に口授し公証人が筆記

②これを遺言者及び証人に読み聞かせ又は閲覧させる

③遺言者及び証人2人が署名・押印

④公証人が署名・押印

証人要否不要2人必要
印鑑認印も可・遺言者は実印  ・証人は認印可
遺言書の保管遺言者の保管

原本は公証役場で保管

遺言者には正本と謄本が交付される

家庭裁判所の検認

必要

不要

各遺言の特徴

 メリットデメリット
自筆証書

・最も手軽に作成できる。

・遺言の内容を秘密にしておける。

証人2人以上の立会いのもと

①遺言者が遺言内容を公証人に口授し公証人が筆記

②これを遺言者及び証人に読み聞かせ又は閲覧させる

③遺言者及び証人2人が署名・押印

④公証人が署名・押印

公正証書

・公証人が作成するので、様式不備で無

 効になる恐れが少ない

・原本を公証役場で保管するので、偽造

 や紛失の恐れが少ない

・検認手続が不要

・公証人手数料などの費用がかかる

・公証人との事前打合せ、当日の内容確認

 などの手間がかかる

・証人の立会いが必要になる

・内容を公証人と証人に知られる

おすすめは安全確実な公正証書遺言

秘密証書遺言は、デメリットが多くほとんど利用されていないのが実情です。
それでは、公正証書遺言と自筆証書遺言とではどちらがいいのでしょうか?
おすすめは、
公正証書遺言です。自筆証書遺言は。お手軽感があって、費用もかからない反面、さきほどから触れているとおり、次のようなデメリットがあります。

自筆証書遺言のデメリット

①お手軽な分、偽造、変造や紛失の恐れがある。

費用がかからない分、専門家のチェックもなく様式不備を見過ごして作成する恐れがある。

その点、費用がかかるというデメリットはありますが、公正証書遺言は、最も安全で確実な遺言方法といえます。

公正証書遺言のメリット

公証人が厳格な法律の規定を遵守すべく作成するため、様式不備となる恐れがない

公証人役場に原本が保管され、偽造や紛失の恐れがない

わかりきったことですが、遺言書は、不動産などの重要な財産の移転に関わるものであることから、法律的にもより確実な方法を取ることがベターです。また、公正証書遺言にしておくことにより、裁判上、証拠として非常に強い効力を有するので、相続する側、される側双方にとって安心な遺言方法といえます。

 当事務所では、あなたにとって最適な遺言の作成手段や遺言作成にあたっての必要事項についてアドバイスをいたしております。初回相談は無料ですので、お気軽にお問合せくださいませ。


≪遺言書でこんなことが実現できる!遺言書作成の流れとポイント≫

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

ご連絡先はこちら

行政書士法人優総合事務所
スタッフのご紹介

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス・名古屋オフィス
代表行政書士 東 優

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス

行政書士 三雲 琢也

行政書士法人優総合事務所
名古屋オフィス

行政書士 冨川 誠太