相続手続代行・遺言作成支援のことなら、東京・名古屋の優総合事務所にお任せください。

優しさと思いやりで最良サービス
優オフィスグループ

行政書士法人 優総合事務所

東京、名古屋、幅広い対応エリア。土日祝、夜間も対応可能

受付時間:9:30~20:00

初回相談無料

お気軽にお問合せください

 

 

相続手続代行、遺言作成のご相談なら、優総合事務所へどうぞ。東京、名古屋に拠点を有し、関東・東海地区を中心に幅広いエリア対応、夜間や土日にも対応するフットワーク、そして「迅速、丁寧、親切」をモットーに、お客さまの視点を何より大切に、サービス提供を行っている事務所です。相続手続、遺言作成でお困りの方は、どうぞ当事務所にご相談くださいませ。shin_hed11.jpgshin_hed11.jpg

特に遺言書が必要なのはこんな方

中でも次のような方は、将来遺産を巡って相続問題が起こる可能性が非常に高いといえますので、事前にきちんとした遺言書を作成しておくことを強くお勧めいたします。

①子供がいない場合

子どものいない夫婦の場合、その多くは、自分のご兄弟、場合によりおいやめいまで相続権が及ぶことになり、そのような相続人全員による遺産分割協議で同意を得ることは、現実的には大変困難です。

②相続人同士が不仲の場合

仲の悪い兄弟に、遺産分割協議を上手くまとめることは大変困難です。このような場合に遺言なしで遺産を残すことは、火に油を注ぐようなものです

③相続人と音信不通の場合

遺産分割協議は、音信不通の相続人がいてもその者を含めた相続人全員でしなければなりません。現実問題として、音信の途絶えた人の居所を突き止めるのは、非常に困難で、相続手続自体を進めていくことが大変困難になります。

④農業や事業を継承すべき場合

農業や事業を行っている方は、遺言書がない場合、法定相続分での分割を強いられるおそれがあります。農地や株式などを後継者に単独で引き継ぐことができないと農業や事業の継続に大きな支障出る危険があります。

⑤再婚している場合

再婚の時期にもよりますが、母親の違う子ども同士の交流というのはよくないものです。しかし、遺産分割協議では、嫌でも顔を合わせて話し合う必要がありますが、これが困難なのが現実で、そうなると相続手続が全く進まない自体を招いてしまいます。

 

  当事務所では、いろいろな家族状況を抱えていらっしゃる方、それぞれの状況を踏まえて、最適な遺言内容をご提案させていただきます。初回相談は無料ですので、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

 

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

初回相談は無料です
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

行政書士法人優総合事務所まで          受付時間:9:30~20:00(土日も対応しております)

ご連絡先はこちら

行政書士法人優総合事務所
スタッフのご紹介

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス・名古屋オフィス
代表行政書士 東 優

行政書士法人優総合事務所
東京オフィス

行政書士 三雲 琢也

行政書士法人優総合事務所
名古屋オフィス

行政書士 冨川 誠太